北海道・東北の経済系学部への受験

高校生とその保護者に向けての大学受験情報を整理・発信していきます

【徹底比較】北海道大学経済学部と小樽商科大学商学部は、何が違うのか?

本ブログでも何度も紹介してきた、

北海道大学経済学部小樽商科大学商学部

 

いずれも北海道を代表する国立大学であるが、

何が違うのか、しっかりと理解している人は少ない。

今回、徹底比較したいと思います。

 

【立地】

北海道大学☆☆☆☆☆

小樽商科大学

 

北海道大学は札幌駅から数分という立地は全国有数。

一方、小樽商科大学は札幌からJRで36分。札幌から通う学生【札通生】が多数。

ただし、大学までの地獄坂が地獄、笑。

 

 

【道内ブランド力】

北海道大学☆☆☆☆☆

小樽商科大学☆☆☆

 

日経BPの大学ブランドイメージ調査では

北海道大学は76.6で道内トップ。小樽商科大学は55.0で道内2位。

小学生の頃から知っている北大、高校になってから知る樽商といったデータもある。

 

 

【偏差値】

北海道大学☆☆☆☆☆

小樽商科大学☆☆☆

ベネッセ(進研模試)によれば

北海道大学の経済学部の偏差値は67、一方、小樽商科大学商学部の偏差値は57。

偏差値が10違うことから、前期は北大、後期は小樽商科大学という戦略が成立する。

 

 

【学費】

北海道大学☆☆☆☆

小樽商科大学☆☆☆☆☆

両者とも国立大学であることから授業料は53万と変わらない。

ただし、小樽商科大学には授業料が半額になる夜間主コースがあることから差をつけた。

 

 

【就職力】

北海道大学☆☆☆☆☆

小樽商科大学☆☆☆☆

両者を比較してみれば、北海道大学の方が若干、道外の大企業の数が多い。

その分☆を一つ多くつけた。そもそも道外出身者が多数を占める北大では道外志向が強い。

ただし、小樽商科大学も半分が道外の企業に就職していることには注意したい。

また道内就職については、ほぼ遜色がない。

道内就職を考えているのであれば小樽商科大学でも十分と言える。

 

【留学とその支援】

北海道大学☆☆☆☆

小樽商科大学☆☆☆☆☆

北大経済学部の協定校はイェーテボリスウェーデン)とマクマスター大学(カナダ)の2校。

*ただし、大学間協定には32の国と地域、90の大学がある。

 

小樽商科大学商学部の場合、15カ国20大学の協定校が存在する。

総合大学と単科大学では、単純に留学先の量を比較できないが、

小樽商科大学単科大学としては十分な留学先を確保している。

 

小樽商科大学の☆を一つ多くつけたのは、留学支援の厚さでの差である。

小樽商科大学のOBには、日本オラクル創業者の佐野力氏がおり、その多大な寄付による留学奨励金がある。

この制度では毎年60人がわずか実費5万円で留学しており、留学希望者にとっては大変手厚い支援になっている。

また、2017年度はすべての海外留学希望者に全てに「返済不要の奨学金」が支給されていることも評価した。

 

 

【カリキュラム】

北海道大学☆☆☆

小樽商科大学☆☆☆☆☆

 

これがなかなか比較できない項目である。

そのため筆者はブログのために二つのオープンキャンパスに潜入、参加した。

 

北大経済学部長の平本先生によれば、

北海道大学の経済学部の魅力は、ゼミの人数が少ないこと。5人か7人である」

 

基本的に、経済学部や商学部は大学にる違いが薄い。

その中で平本先生はゼミの少人数制を北大経済学部の特徴とした。

また基本的に北海道大学研究大学であるため、研究者に進みたければ迷わず北大である。

 

また学生説明によれば、

①キャンパスが広いこと、②キャンパスの立地がいいこと、③四季が綺麗なこと

を挙げていた。どうやら特段、北大経済学部には特徴がないようだ。

 

一方小樽商科大学のアドミッションセンター&入試室の説明によれば、

実学・語学・品格」「北の外国語大学」「5万円からの留学プログラム」「実践&起業のゼミ」「学科を超えた学びの提供」「理系学生へのカリキュラム」

根底にあるのは、実践的カリキュラムと外国語重視の姿勢であった。

 

 

まとめ

北海道大学経済学部と小樽商科大学商学部

①立地、 ②道内ブランド力、③偏差値、④学費、⑤就職力、⑥留学とその支援、⑦カリキュラム

の観点から評価した。

 

①立地、 ②道内ブランド力、③偏差値の観点では

北海道大学経済学部は圧倒的優位な立場にあるが、その他の項目では大きな差は見受けられない。

 

特に⑥留学とその支援、⑦カリキュラムの観点では

学生によっては小樽商科大学の方がふさわしい場合もある。

 

そして、

理論をしっかり学びたい&将来は研究者志向であれば北大。

実践的な能力を養いたければ小樽商科大学

 

この差については多くの受験生に認識しておいて欲しい。

 

 

 

北大と樽商と教育大と学園と北星は何が違うのか

札幌市に住んでみると強く感じるのが、札幌市民の盲目的な札幌愛。

大学選択にもこれが強く表れている。

 

とにかく札幌市含めた札幌圏の高校生と「保護者」は札幌の大学に通いたがる。

札幌圏の多くの学生にとって「自宅から通えるか」が極めて大事な要素である。

 

よって

  1. 自宅から通えること
  2. 偏差値が高いところ、もしくは自分の学力で合格できる大学
  3. 大学の特色

 

この順で札幌圏の生徒は大学選択を行なっているのではないか。

 

以下の主要大学についての彼らの選択基準は以下の通り。

 

国立大学:北海道大学小樽商科大学北海道教育大学

私立:北海学園大学北星学園大学

 

第1位  道内最高の立地と難度、そしてブランドを持つ北海道大学

 

北海道大学に行けなかった場合は、

第2位  立地は悪化するが、適切な難度、就職力をもつ小樽商科大学

 

小樽商科大学にどうしてもいけない場合でも教員なら興味がある場合

第3位  札幌市内だが、あいの里という極めて不便な場所。教員になりたければ北海道教育大学 札幌校

 

 

 

この上位3校にいけなかった場合、進学するのが私立大学の北海学園大学北星学園大学

 

この二つについては特にどちらが上かについては議論しない。

国立大でない以上、受験難度はガクッと下がる上、学費は跳ね上がる。

 

両大学のイメージの違いとしては、

道内の就職においてはソコソコ強い北海学園大学

英語やコミュニケーションに強く、華やかな女子学生が多い北星学園大学

という具合で差が見受けられる。

 

もちろん、この二つの大学への進学は悪いわけではないが、

将来的な選択肢の広さや可能性を考えれば、是が非でも国立大学に進学しておきたい。

 

 

 

更新の再開のお知らせ

昨年、このブログを開設し6件の投稿を上げて以降、長期間放置しておりました。

またオープンキャンパスの季節になり、東北・北海道の受験動向が気になりアクセスしてみると、

毎月500アクセス近くあることが分かりました。

 

せっかくなので、時間を見つけて再度最新の情報を整理したいと思います。

詳細な記事は次回から。

小樽商科大学のオープンキャンパス

 前回は一般の道内の文系学生は小樽商科大学を「決め打ち」で目指せということを書いた。

ssssshokkaido.hatenablog.com

 

しかし、入学してみて「思っていたのと違う」と中途退学してしまう自体は避けたい。

ある程度の大学生が自分の偏差値をもって、

もしくは実際のセンターの試験結果を鑑みながら、出願校を決定する。

 

よく予備校で言われるのが、

「志望校と出願校は違う」ということ。

 

実際の受験になって、今までほとんど大学について調べてないところに出願する場合も少なくない。私大のセンター利用の場合、そのキャンパスに行くこと無く入学することも可能である。

結果、「思っていたのと違う」ということになり、中途退学へと繋がる…。

 

一度は、その大学に行ってみるべきである。

その最適解がオープンキャンパスである。

 

道内の文系学生であれば、道内トップ校であってもセンターで失敗した場合、

中堅校であれば、センターが想定通り上出来の結果出会った場合、

小樽商科大学に出願できるケースがあり、多くの受験生に出願の可能性がある。

 

まずは、一度オープンキャンパスに参加すべきだ。

以下に小樽商科大学オープンキャンパスの詳細がある。

http://www.otaru-uc.ac.jp/hnyu1/event.htm

 

小樽商科大学のマスコットである商大くんが待っているだろう。

f:id:ssssshokkaido:20170801121207j:plain

決め打ちで小樽商科大学

繰り返しになるが北海道の文系学生はまずは「小樽商科大学」を目指すべきだ。

 

 

*とりあえず高みの北海道大学を目指しておいて、センターの出来不出来に応じて下げるという手もある。

 

しかし、小樽商科大学の場合は偏差値から見た差は10である。この差は相当である。

偏差値的な差が4とか5であればそれでいいかもしれないが、

10も差があれば、センターの出来不出来というよりそもそもの学力の差と言える。

 それは模試の段階で本来は分かっているものである。

 

またセンター試験で得点が足りないから、小樽商科大学へ進学という場合、

おそらくオープンキャンパスや大学の特色についてはほとんど調べてないことだろう。

それは不本意入学を生み、入学後の学びを含めた生活態度にも影響する。

 

札幌の東西南北のような進学校ならいざ知らず、

その他の高校であれば小樽商科大学であっても十分誉れと言える。

 

早い段階で小樽商科大学オープンキャンパスに参加し、

保護者や教員と相談した上で小樽商科大学を志望校に据え、

安心して受験勉強に励んで欲しい。

北大と樽商と釧路公立大の経済・商学部のそれぞれのイメージ(追記有)

道内の主要文系学生の行き先になるであろう

北海道大学小樽商科大学釧路公立大学

 ここでは主観的にそれぞれのイメージについてまとめておきたい。

 

北海道大学

道内のトップエリートが集まる大学であり、

札幌の東西南北や旭丘をはじめとした進学校がその輩出率を競う位置にいる。

 

ただし、偏差値的に見ても難関であり、ベネッセ・駿台のデータネット2017のデータからみれば

B判定(前期)にはセンター試験81.6%を得る必要がある。

 

やはり北海道大学を狙いたければ、札幌の東西南北および旭丘高校には進学したい。

 

例えば、H30年入試の結果を整理すれば、

  • 札幌南高校 109人(文系学部:法経文で23人)
  • 札幌北高校 122人(文系学部:法経文で42人)
  • 札幌東高校  81人(文系学部:法経文で25人)
  • 札幌西高校  74人(文系学部:法経文で25人)
  • 旭丘高校   36人(文系学部:法経文 不明 )

 

この高校を札幌市内の一番手高校とすると、

2番手、3番手校になると進学できるのは学年トップの一部ということになる。

 

そんな北海道大学の経済学部は、卒業後の進路を見ても道外を中心に大手の企業に卒業生を送り出している。

(ただし個別の人数は非公表)。

 

www.econ.hokudai.ac.jp

 

 

小樽商科大学

この大学のイメージはズバリ、「北海道大学に入れなかった学生達の進学先」である。

ただし、その危機感からか、近年小樽商科大学はブランドのみの北海道大学との差別化を進めており、

 

  • 実学・語学・品格」
  • 「5万円からの留学プログラム」
  • 「ギャップイヤープログラム」
  • 「アクティブラーニング」
  • グローカルマネジメント副専攻」

 

北海道大学の経済学部に比べ、教育プログラムが充実してきているのが特徴である。

 

 

ただし、それでも道内の受験生は取りあえず北海道大学に憧れる。できれば北大に入りたい。

しかし、現実はそううまくはいかない。

札幌東西南北+旭丘でも学年で中位にいなければ北大は狙えない。

 

そのため、先ほどの道内一の進学校である札幌南高校であっても

H29年度8人、H28年度8人、H27年度10人と一定数が進学する。

(これは邪推かもしれないが、南校生としてはきっと北大経済に行きたかったのだろう)

 

札幌東西南北+旭丘の小樽商科大学の進学者数。

  • 札幌南高校 12人
  • 札幌北高校 18人
  • 札幌東高校 11人
  • 札幌西高校 27人
  • 旭丘高校  25人

 

このような具合である。

 

 

ただ道内トップの進学校を除けば、小樽商科大学も憧れの大学と言える。

例えば札幌市内の2番手校であっても、数字は伸びない。

 

  • 札幌国際情報 35人
  • 札幌月寒   16人 
  • 札幌大麻   19人
  • 札幌手稲   17人

 

例えば札幌国際情報高校は近年はコンスタントに小樽商科大学を合格させており、

H29年度25人、H28年度24人、H27年度26人という抜群の安定感を見せている。

おそらく進路指導のノウハウが蓄積されていると見える。

 

卒業後の進路は以下の通りである。

 

www.otaru-uc.ac.jp

 

基本的には道内外への進路を安定的に確保している。

また、同大学のキャリアセンターも道内と道外を別けて記載しているのが特徴である。

 

主要就職先は以下

北洋銀行北海道銀行をはじめとした金融。

そして札幌市役所も多い。

 

ただし道外にも積極的に就職しており、同じ年度に同企業に大量に就職することはないものの多様な企業、それも大手に就職していることが分かる。

データから見れば、道内本社企業は51.8%。道外本社企業は48.2%。

約5割は道内留まるが、その道内についても金融をはじめとした人気企業に勤めている。

 

ベネッセ・駿台のデータネット2017のデータからみれば

B判定(前期)にはセンター試験68.8%

北大に比べれば一気に現実的案数字となる。

 

 

釧路公立大

釧路公立大は1988年に設置された大学であり、先の2大学に比べ圧倒的に若い大学である。

正直なイメージとしてはどうしても国公立大学に進みたい、

進まなければならない受験生の受け入れ先という感がある。

 

またどうしても釧路という地方大学の中でも地方に位置する大学であり、札幌やその他の都市出身の受験生からは敬遠される理由も分かる。筆者の周りでも、釧路で学ぶくらいなら札幌市内の私学の経済に進むという話も聞かれる。

 

就職先については以下。

卒業又は修了した者の数並びに進学者数及び就職者数|大学紹介|釧路公立大学

 

小樽商科大学と比べ、道外の大手企業への就職先の数が少なくなっている一方、

道内の中小、役場への就職が多くなっている。

 

ベネッセ・駿台のデータネット2017のデータからみればB判定(前期)には

センター試験で65%で難易度も小樽商科大学より落ちる。

 

ただし注意しなければならないのは、釧路公立大の前期はセンター試験のみでの入学が可能であり、

また国語200点、数学・地理歴史・公民のいずれかで200点、外国語200点の計600点であり、文系学生にとって苦手な数学や物理を一切勉強せずに入学することが可能である。

 

そのため実際の難易度・偏差値に比べて前期でのセンター得点率は高くなっている。

 

 

 

まとめればこんなかんじではないだろうか。

日本や世界を舞台にトップエリートととして活躍する人材を輩出する北大。

主に北海道を舞台に、地域のリーダーとして活躍する人材を輩出する樽商。

北海道の基幹人材を輩出する釧路公立大。

 

 

繰り返しになるが、できれば北大に行きたい、行かせたいという受験生、保護者の気持ちは分かる。

しかし現実を見ればトップ2%が彼らだ。

 

それよりは現実的で、かつ北海道を背負って立つ地域のリーダーを養成する 小樽商科大学を目指すべきでは無いか。