北海道の文系大学への受験

北海道の文系の高校生とその保護者に向けての大学受験情報を整理・発信していきます

どうしても道内の大学へ進学したい文系学生へ

前回の投稿で文系大学、学部を擁する大学として、

北海道大学

小樽商科大学

釧路公立大学

の3つを挙げた。

 

ssssshokkaido.hatenablog.com

 

北海道民としては道内トップ大学である、北海道大学を目指したいところである。

しかし、北海道大学の文系学部の偏差値は67、68と全体の約上位2%

相当の選ばれし人間である。

 

かつデータからみればより悲惨である。

代々木ゼミナールの発表によれば、

2017年度入試の前期試験の道内比率は39.9%。後期試験は22.4%。 

 

www.yozemi.ac.jp

 

代々木ゼミナールの以下のグラフからも分かるように、

年々北海道民北海道大学に入りにくくなっている。

 

f:id:ssssshokkaido:20170707155155g:plain

 

 札幌市民にとっては北海道大学は近いけれど、入れない大学」である。

 

そうなれば現実的に目を向けるべきは次の

小樽商科大学である。

進研模試の偏差値によれば、偏差値は58。

これは決して簡単な大学ではないが、北海道大学に比べれば現実的だ。

 

調べてみれば、小樽商科大学は前期・後期の一般試験に加え、90名の定員を持つ推薦入試、夜間主、商業高校向けの総合入試などでも入学可能である。

 

進学校でなくても挑戦可能と考えられる。

多くの高校生や保護者は、ここに焦点を当てた受験戦略が必要なのではないか。