北海道の文系大学への受験

北海道の文系の高校生とその保護者に向けての大学受験情報を整理・発信していきます

決め打ちで小樽商科大学

繰り返しになるが北海道の文系学生はまずは「小樽商科大学」を目指すべきだ。

 

 

*とりあえず高みの北海道大学を目指しておいて、センターの出来不出来に応じて下げるという手もある。

 

しかし、小樽商科大学の場合は偏差値から見た差は10である。この差は相当である。

偏差値的な差が4とか5であればそれでいいかもしれないが、

10も差があれば、センターの出来不出来というよりそもそもの学力の差と言える。

 それは模試の段階で本来は分かっているものである。

 

またセンター試験で得点が足りないから、小樽商科大学へ進学という場合、

おそらくオープンキャンパスや大学の特色についてはほとんど調べてないことだろう。

それは不本意入学を生み、入学後の学びを含めた生活態度にも影響する。

 

札幌の東西南北のような進学校ならいざ知らず、

その他の高校であれば小樽商科大学であっても十分誉れと言える。

 

早い段階で小樽商科大学オープンキャンパスに参加し、

保護者や教員と相談した上で小樽商科大学を志望校に据え、

安心して受験勉強に励んで欲しい。